アイキララは目元のケアができるアイショットクリームですが、黒クマにも使うことができるのでしょうか?
黒クマの原因をチェックしつつ、アイキララは効果があるのかどうか検証してみました。

◆黒クマができてしまう原因とは

目元のにできるクマにはいくつか種類があります。
代表的なものだと青クマ、茶クマ、黒クマですね。

黒クマには皮膚を引っ張ったときにクマが薄くなる特徴があります。
これは皮膚が変色しているのではなく、影によって黒く見えていることが理由です。

では、黒クマができてしまう原因にはどんなことが考えられるでしょうか。

①目元の脂肪が減っている

目元の皮膚は薄いため、加齢や過剰なダイエットによって脂肪が減るとくぼんでしまい、そこに影ができて黒クマになってしまうことがあります。
急激に体重が減ったり、目元全体がふっくら感を失っているときにはこれが原因である可能性が高いでしょう。

②目元がたるんでいる

加齢に伴って皮膚はたるんでいく傾向にあります。
これは筋肉の衰え、コラーゲンやヒアルロン酸の減少などが原因です。
たるんだ皮膚が影を作って黒クマになってしまうんですね。

③涙袋が大きめである

体質として涙袋が大きい場合には影ができやすくなります。
また、目元のむくみによって涙袋が膨らんでいる可能性もあります。

黒クマができる原因はご理解いただけましたか?
中高年以降にできやすいと言われている黒クマですが、体質や生活習慣によっては若い人でもできることがあります。

◆アイキララは黒クマに使うことができるのか

黒クマができる原因が分かったところで、やはり気になるのはアイキララを使って効果があるのかどうかですよね。
アイキララの効果について検証してみましたので参考にしてみてください。

▼目元のたるみ

年齢を重ねると皮膚に存在するコラーゲンやヒアルロンの量が減少するため、どうしてもたるんでしまいがちです。

アイキララにはコラーゲンをサポートするMGAという成分が含まれています。
このMGAはビタミンC誘導体のひとつです。
コラーゲンのもつ栄養素を皮膚内部にとどめ、ハリや弾力をサポートしてくれるんですね。
ですから、目元のたるみによる黒クマには効果があると考えて良さそうです。

▼むくみやケア不足の改善

目元はむくみが出やすく、ケアを怠っているとハリが失われやすい部位です。
アイキララは毎日塗るだけで目元のケアができるので
使い続けていくうちにむくみが改善され、目元のハリも出てきます。
こまめにケアすることで黒クマに効果が発揮されるはずです。

アイキララは黒クマにも効果がありそうですね。
黒クマは普段から目元のケアをしている人にはできにくい種類のクマだと言われています。
手入れを怠っている期間が長ければ長いほど黒クマができやすく、改善するのが大変になってしまうというわけですね。

すでに黒クマで悩んでいる方はアイキララで目元ケアを習慣にし、ふっくらした透明感ある目元を手に入れたいですね。

⇒アイキララの公式サイトはこちら