アイキララは女性の悩みである目元のたるみやクマを解消することができるみたいですが、配合されている成分に副作用の心配はないのでしょうか?
アイショットクリームはデリケートな目元に使うため、ちょっと不安になりますよね。

アイキララの副作用や使用上の注意など、知りたい情報を集めてみました。
これから購入しようと思っている方はぜひ読んでみてくださいね。

◆アイキララに使われている成分の副作用について

スキンケアアイテムには肌に嬉しい効果をもたらす成分が使われているものですが、中には副作用のある成分が含まれていることもないとは言えません。
アイキララには副作用が出るような成分は使われていないのでしょうか?

アイキララの主成分はこちらです。
・MGA
・ナットウガム
・植物性オイル(コメヌカ油・アボカド油・ヒマワリ種子油など)

MGAはビタミンC誘導体の一種です。
ビタミンC誘導体はコラーゲンの合成を促進する効果や美白効果、アンチエイジング効果などに優れた美肌成分として有名ですよね。

ビタミンC誘導体のなかには肌への刺激が強いものがありますが、MGAは肌荒れなどの副作用はほとんどないようです。
アイキララはアイショットクリームで使用量が少量なこともありますので、あまり心配することはないと思います。

ナットウガムや植物性オイルについては植物由来であり、こちらもやはり副作用はほぼないと考えて良いでしょう。

アイキララの主成分は副作用を心配しなくても大丈夫だと思いますが、敏感肌やアトピー肌の場合には成分が合わないこともあります。
皮膚科で治療を受けている場合には必ず使用前にかかりつけの医師に相談するようにしてくださいね。

◆アイキララを使うときに注意したいこと

アイキララは副作用の可能性はほぼありませんが、目元に使うケアアイテムなので使用上の注意点がいくつかあります。

①目元を強く擦らない

目元は刺激に弱く、強く擦るとヒリヒリしたりかゆみが生じやすい部位です。
アイキララを使うときは優しくなじませるようにし、力を入れて擦ったりマッサージしないようにしましょう。

②たくさんの量をつけない

アイキララの1回の使用量は1プッシュが目安となります。
一度にこれ以上の量を使った場合、クリームが目に入ってしまうことがあります。
使用量は必ず守り、目に入らないように気を付けて使ってください。

もしも目の中に入ってしまった場合にはすみやかに流水で洗い流し、異常があるようでしたら早めに受診するようにしましょう。

③直射日光のあたる場所で保管しない

ビタミンC誘導体を配合しているため、アイキララは直射日光があたる場所では保管しないようにしてください。

アイキララの副作用や使用上の注意点は確認できましたか?
目元ケアはとにかく優しく、肌に負担がかからないようにすることが大切です。
使用していて違和感や異常があった場合には無理に使い続けず、気になるときは皮膚科を受診することをおすすめします。

⇒アイキララの公式サイトはこちら